浅野川の周辺には金沢の三つの茶屋街のうち、二つが集まります。
女川とも呼ばれる、たおやかな流れを眼前に、艶やかな情緒あふれる主計町。
石畳の通りにずらりと連なる格子が粋な風情をただよわせる、ひがし茶屋街。
そして、藩祖・前田利家の金沢入城に従い、尾張の商人や職人が移り住んだ尾張町。
町屋金沢の界隈には、今も藩政時代の面影が色濃く残っています。